何でもお祓いしてしまっていいのでしょうか?

何かが視えたり聞こえたり不思議な現象が起こると、大抵の人は「お祓い」しようと考えてしまうようです。

こんにちは。白龍の部屋の伊勢有珠・白龍です。

ご祈祷やお祓いが必要と感じた時、人生において不孝だと感じる事が多い時、また他の人からカルマ(業)があると言われどうやって向き合って行ったらいいかを悩んだ時、時には霊が視えてしまったり体調不良に襲われてしまったり・・・どんな些細なことでもご相談下さい。
伊勢有珠・白龍では対面鑑定電話占いアーズを監修しております。

霊感体質の人にとってこの世を生きて行くことはとても大変な事でしょう。

ご自分の周りには浮遊霊やら地縛霊やら、土地の粗相やらがひしめき、人混みの中ですれ違った人に憑いていた霊に気に入られそのままお持ち帰り状態。

家に帰ったらさっそく体調不良が始まるという無限ループ・・・

そんな中で何とかしてその無限ループから抜け出そうと、占いに頼ってみたり、神社やパワースポットに出かけてみたり、ご祈祷お祓いを受けてみたり・・・

あなたはそうやってたゆみない努力をしていらっしゃることでしょう。

このブログにたどり着いたあなたを救うべく、霊との正しい対処方法や本物のパワーストーンの選び方、神仏の謎などについてお話しをさせていただきあなたのお役に立ちたいと思っております。

また、必要とあらば日本中どこにでも出張いたしますのでお申しつけください。

+゚ ゚。*⌒*。゚*⌒*゚。*⌒*。゚*⌒*゚゚*⌒*゚゚*

「お祓いとご祈祷の違い」のページにも書きましたが、元々「祓って良い霊体や魂」はありません。よっぽど悪霊化していない限り痛みや苦しみ悲しみ恨み憎しみを訴えてくるのが一般的に言われている「幽霊・霊・おばけ」という事になるでしょうか。

私の所に訪ねていらっしゃる方々はほとんどの人が「お祓いをお願いします」とおっしゃいます。きっと神社などで受けるご祈祷などと同じようにお考えなのでしょう。

ある日お見えになった女性を視ると、なるほど「成仏していない霊」が一緒に憑いて来ていました。

しかしそれは彼女が流産してしまった水子でした。

水子がお母さん恋しさにずっとつきまとっているのでした。

当のお母さんは「数年前から体が冷えて仕方がありません。手足も冷え性で下痢も1年程続いていて体力が持ちません。医者にも行きましたが自律神経の乱れとか冷え性、過敏性腸症候群とか言われ薬を処方されますが一向に良くなりません。友人がこちらに伺ったことがあると聞き、今までこのような霊的な事とは縁がなく半信半疑ですが一度お祓いをした方がいいのでは・・・と思い伺いました。」と言います。

「半信半疑と、正直に言っていただいて私はうれしいです。確かに、こういう眼に視えない事は信じてくださいと言ったところでご自分に実感がないと信じられないものですよね。今日それが実感できるといいですね。実は今日一緒に水子さんが来ていますよ。」とお話しさせていただき、「お祓い」ではなく苦しんでいる、お母さんを恋しく思っていてなかなか成仏出来ない、また成仏の仕方を知らないので「供養」が必要だとお話ししました。

流産に至った経緯やその時のご自分の気持ち、その後自分なりに行った供養などの聞き取りをし、その後私どもで水子が来世に向けて「輪廻の輪」に入ってもらうための供養をさせていただきした。

彼女は供養の間、涙を流していました。後からお聞きしますと「何だかわからないがキューンと胸が締め付けられるような感じになって悲しみとうれしさがこみあげて来た」そうです。

水子さんは上手に成仏し、浄化していきました。

/////////////////////////////////////////////////////

ご自分に合ったパワーストーンをお持ちになりたいとお考えの方は
https://www.hakuryu30214.com/  
のホームページのお問い合わせフォームにその旨をお書きいただき、送信して下さい。

在庫を持たずその都度あなたにピッタリのパワーストーンをお探しするので少々お時間が掛かる事はご了承ください。

/////////////////////////////////////////////////////

電話占いアーズ

https://hakuryu0214.com/

対面鑑定 伊勢有珠・白龍

https://www.hakuryu30214.com/

関連記事

  1. 職業と霊感体質の関わり

  2. 頭・肩・首が痛む

  3. 嫌な感じのする場所

  4. 周りの人が意地悪をする

  5. 宇宙人に卵を産み付けられた(前編)

  6. 白いドレスの女の人

  7. 狐とキツネ、お稲荷さんと大明神

  8. 知人からのお土産(お札など)

コメント

    • ミント
    • 2021年 1月 18日

    白龍様、今年もblogを楽しみにしています♪♪♪少しでも明るい気持ちで過ごせる一年でありますように。

    さてと、水子の話と言うと「障り」とか「祟り」とか忌まわしい話が聞かれます。でも、blogを読んで水子は自分のお母さんが大好きなんだと知り、今まで誤解していたことを反省しました。

    考えてみれば生まれてきた赤ちゃんだってそうですもんね、水子も同じなんですね。

    きちんと供養してもらって成仏できて良かったです。

    • ミント様、コメントをありがとうございます。
      水子に限らず「霊」と言うものは「障り、祟り」の現象を起こすものではありません。もしそういう現象があると言うのなら、一番初めの対応の仕方を間違えたために霊が怒ってしまっていると考えた方がいいでしょう。
      生きている人間とコミュニケーションを取るのと同じく、亡くなった人(霊)は「痛みや苦しみ、怒りや怨念」を訴えて来るわけですが、それをキャッチした人が霊を恐れるあまり「霊=怖い」と思い込み、お祓いや除霊をし一方的に追い払ってしまっているのです。
      霊としっかり対峙し、霊が何を言いたいのかを良く聞き取り適切に対処してくれる霊能者を見つけ出す事が必要ですね。
      間違った対処をしなければこんなにも苦しんでいる霊が多くないはずだと思ってしまうのは私だけでしょうか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。