上弦の陸 堕姫と妓夫太郎(だき・ぎゅうたろう)/鬼滅の刃(きめつのやいば)に登場する鬼の悲しい生い立ち/十二鬼月(じゅうにきづき)を考える

鬼滅の刃(きめつのやいば)が未だ人気ですが、物語を深堀して行くと、単に炭治郎側だけに注目するだけではもったいない!やはりここは元々人間であったと言う「鬼」の悲しい物語や鬼でありながら個性豊かな「鬼像(おにぞう)?」を探ってみるのも一興です。

今回は兄妹鬼という設定の堕姫(だき)と妓夫太郎(ぎゅうたろう)にスポットを当てました。

堕姫(だき)と妓夫太郎(ぎゅうたろう)は飢えた子供の鬼「餓鬼(がき)」をモチーフにした兄妹二人組の鬼。

表向きは人間のふりをしている堕姫(だき)が中心ですが、戦いでは兄の妓夫太郎(ぎゅうたろう)も加わります。 堕姫と妓夫太郎の両方を倒さない限り片方の頚(くび)を斬っても不死身という所が他の鬼たちと違う所ですね。かつて二人で死にかけていたところを、童磨(どうま)に助けられて鬼の世界に誘われたという過去を持ちます。

妹の堕姫(だき)は美しい花魁(おいらん)として、ほとんど人間として溶け込んで遊郭(ゆうかく)で生活していますが時おり癇癪(かんしゃく)を起こしては、美しい女性を喰らったり遊女(ゆうじょ)や丁稚(でっち)を虐(しいた)げたりすることもあるようです。戦闘力としては妓夫太郎に集中しているため、堕姫単体ではあまり強くありません。

妹の堕姫を溺愛する兄の妓夫太郎は、ふだんは妹の中で眠って過ごしているので滅多にその姿を現しません。堕姫より強い敵が現れると姿を現し、妹を傷つける敵に対しては情け容赦なく一掃します。上弦の陸としての強さや本質は妓夫太郎が握っているといってもいいでしょう。

+゚ ゚。*⌒*。゚*⌒*゚。*⌒*。゚*⌒*゚。゚*⌒*゚。゚*+゚ ゚。*⌒*。゚*⌒*゚。*⌒*。゚*⌒*゚。゚*⌒*゚。゚*

伊勢有珠・白龍とは?

どこに行っても治らなかった痛みが「スッ」と抜けていく感じ・・・多くの人がそういう感想を述べられます。

痛みや病気が「霊障」によるものなのか、「病気など」によるものなのかが判断つかず、今までずっと悩んでいませんでしたか?

慢性的な腰痛に長年悩まされ仕事に影響が出ていたという人も、帰りには満面の笑みで帰られます。

ヨチヨチとしか歩けなかった人が、帰りにはスッスッ・・・と何事もなかったかのように自然に歩いて帰ります。

腕や足が痛かったはずなのに帰りには痛みが消えているとうれしそう。

難病と言われていた人が数回の施術で「影」が消えたと喜びます。

伊勢有珠・白龍の神技療法は多くの人が苦しんでいる「腰痛」「肩凝り」「ひざの痛み」その他慢性的な痛みを、霊障を取りながら痛みの根本原因にアプローチし、身体本来の「治す力」を活性化させます

その療法はあなたの身体を健康な元の身体に戻すことに特化した「三種の神技(じんぎ)」。

身体の内部の休眠状態の細胞を呼び覚まし、新たな命を吹き込みます。

この神技は今までとは全く異なる手法ですので、痛みは全くありません。

そして「フッと」軽くなる感じを、是非体感してください。

また、合格祈願、開運、商売繁盛、健康長寿、病気平癒などお祓いやご祈祷が必要と感じた時、人生において不孝だと感じる事が多い時、また他の人からカルマ(業)があると言われたりチャクラが整っていないなど、分からない言葉を並べ立てられ、何をどうやって向き合って行ったらいいかを悩んだ時、時には霊が視えてしまったり体調不良に襲われてしまったり・・・
ただでさえ生きにくい現代社会です。それが霊感体質(霊媒体質)ならばなおさらでしょう。

ご自分の周りには浮遊霊やら地縛霊やら、土地の粗相やらがひしめき、人混みの中ですれ違った人に憑いていた霊に気に入られそのままお持ち帰り状態。

家に帰ったら何かがいる感じがしたり黒い影や白いものを見たりと落ち着かず、その影響でさっそく体調不良が始まるという無限ループ・・・

そんな中で何とかしてその無限ループから抜け出そうと、占いに頼ってみたり、神社やパワースポットに出かけてみたり、ご祈祷やお祓いを受けてみたり・・・

あなたはそうやってずっとたゆみない努力をしていらっしゃったのだと思います。

白龍では、このブログにたどり着いたあなたを救うべく、霊との正しい対処方法や本物のパワーストーンの選び方、神仏の謎やご自身がお持ちの「守護霊・守護神」などについてお話しをさせていただきあなたのお役に立ちたいと思っております。

遠隔霊視、ご供養や祭祀、遠隔神技療法(LINEのフェイスタイムやZOOM)も行っておりますが、出張にも対応しておりますのでお申しつけください。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

霊感体質の人の霊障除けとして、また合格祈願、商売繁盛、健康祈願、魔除けなどとしてパワーストーンをお持ちになりたいとお考えの方は

伊勢有珠・白龍 
のホームページのお問い合わせフォームにその旨をお書きいただき送信して下さい。折り返しご予算や石の種類、形状のご要望などの打ち合わせのためのご連絡をさせていただきます。

在庫を持たずその都度あなたにピッタリのパワーストーンをお探しするので少々お時間が掛かる事はご了承ください。

/////////////////////////////////////////////////////

対面鑑定 伊勢有珠・白龍

https://www.hakuryu0214.com/

関連記事

  1. 腰が痛む(前編)

  2. 鬼滅の刃(きめつのやいば)の不死川実弥(しなずがわさねみ)を占ってみま…

  3. 片方の足が氷のように冷たい

  4. 鬼滅の刃(きめつのやいば)の伊黒小芭内(いぐろおばない)を占ってみまし…

  5. 頭・肩・首が痛む

  6. 深夜の「壁ドン」

  7. 前世と鬼とお稲荷さん

  8. 鬼滅の刃(きめつのやいば)の竈門禰豆子(かまどねずこ)を占ってみました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。