いきなり壊れる家電製品

画面がいきなり真っ黒になるテレビ、頻繁に壊れる家電、点滅する電気やいきなり切れる電球。

こんにちは、白龍の部屋の伊勢有珠・白龍です。

ここではあらゆる霊障に悩まされている人や、霊脳力があるがために悩んでいる人、自分の霊能力をどのように使ったらいいかなど、霊的なことでお悩みの方のために少しでも霊に対して怖がらず正しい対処が出来るようにと書き進めております。

今回は家電が頻繁に壊れるお話です。

女性が訪れました。

「最近家電が頻繁に壊れ、とても困っています。確かに家電は購入後10年15年と経つと寿命が来るので順に壊れていくのは承知していますが、すでに一通り買い替えていますしここ2年くらいの間にテレビ、炊飯器、レンジなどが次々に壊れます。買い替えてみたものの、テレビは頻繁に真っ黒になるし、蛍光灯は頻繁に切れるし、レンジもいきなり使えなくなるんです。電気屋さんに相談しても、寿命とか故障とかしか言われず、買って数ヶ月で買い替えなんてどうしても納得いかないんです。それで友人に相談したらこちらを紹介されました。」という事でした。

「それはお困りですね。それにしても家電製品ばかりが壊れるのですね。」とお聞きしますと、

「そうです、特にトイレの電球は球を替えてもすぐにパカパカしますし、廊下の電球もいきなりバチっと切れる事も多いです。それも長持ちのするはずのLEDなのに・・・です。」

彼女の話を伺いながら彼女を良く観察していると、ひどくボロボロで泥だらけの着物を着たお百姓のような格好の霊が二人、一緒に憑いてきたようで彼女の横に仁王立ちしています。

「まずお聞きしますが、あなたのお家は代々お百姓さんでしたか?商家でしたか?それとも他のご商売でしたか?」

「私は嫁ですので詳しくは分かりませんが、代々庄屋だったと聞いています。しかし土地改良で土地を取られ今はそんなにたくさん持っていないです。でも、周りと比べると土地は多い方だと思います。」という事でした。

「実はあなたは今日、二人の霊を連れて来ています。」と言いますと、

「え?私に憑いているんですか?」と言われますので、

「いえ、あなたに憑くと言うよりは〇〇家に憑いていると言った方がいいですけど。要は、〇〇家の先祖でまだ苦しんでいる霊がいるという事、そしてそれは庄屋になる前のもっと昔、その辺りを開拓した先祖です。その先祖がまだ土地の開拓を未だに続けていて、終わりのない労働をしているのです。泥だらけでボロボロの着物を着ていますよ。」と言いますと、

「え?それならわかります。昔この辺りは沼地で、葦が生えていたと聞いています。」

「そうなんですか。それで泥だらけなんですね・・・」

「その霊と家電の故障が関係あるんですか?」と聞いてきますので、

「そうです、家電と先祖が一見関係なさそうに思える症例ですが、沼=湿気 となり、湿気が家電製品の故障の原因という事ですね。しかし、湿気がお家の中にあるからという訳ではなく、湿気と沼の関連性を訴えて来たものと思われます。これは先祖供養、しかも、今一緒に来ている2体の霊を供養しないといけないようですが、どうなさいますか?一度この事をご家族と一緒にお話合いされますか?」

と言いますと、

「もう実は家族の承諾は取ってきました。」とおっしゃいます。

「あら、それは・・・」

「実は友人に相談した段階でこういう事もあろうかと、主人には相談済みです。それで、もし霊障ならば取ってもらえと言われています。」との事。

「では、2体の霊の供養をこちらに任せていただけますか?数ヶ月掛かるかもしれませんが。」と話しますと、

「はい、お願いします。先祖供養ならちゃんとしているのにこういう事もあるんだとは何となく友達から聞いて分かっていましたから。」と。

早速、紙塔婆を用意し供養を始めました。

供養は4ヶ月程掛かりましたが納得して成仏していただきました。

供養を始めて1週間ほどで電球の点滅やテレビ・レンジの不具合が無くなり、家電製品は快適に使用できるようになり、供養が終わった頃には何事もなかったかのように普通だとお電話口で笑っておられました。

苦しんでいるのが先祖ならどういう事を訴えて来たのかを理解し、キチンと対処する事は私たちの生活をもスムーズに送るために必要な事なのだと改めて心に刻みました。

伊勢有珠・白龍

https://hakuryu0214.com

2019/03/06 追加分

関連記事

  1. 他の霊能者に言われたことは本当ですか?

  2. 周りの人が意地悪をする

  3. 私の守護霊(?)はスサノオです3/5

  4. 庭の手入れをしたら土地神様に怒られた

  5. 行き交う人からキモイと言われて・・・

  6. 体が吹っ飛ばされる(霊道)

  7. 宇宙人に卵を産みつけられた(後編)

  8. 古墳時代の人々が助けを呼んでいる

コメント

    • ヒロ
    • 2020年 5月 16日

    成仏できない先祖の霊が、子孫に何らかのかたちでメッセージを送って来る事例は、確か先の投稿でもありましたね。大体の場合、先祖はお墓に入っていてお坊さんの手により供養がされているものと思いますが、十分な供養がされなかったのか、成仏できずに苦しんでいる霊がいるのもまた事実です。今回の相談者さんは、ご家族の理解もありスムーズに解決が出来て良かったですね。霊というのは、必ずしも危害を加えてくるものばかりではありませんし、ましてや先祖の霊であればなおさらです。霊が何を訴えているのか、まずはそれを知ることが大切ですが、自分では難しいですよね。信頼できる霊能者の方に相談し、一緒に解決方法を模索するのが一番良いと思います。

    • 先祖に限らず「霊」が何かを訴える時、どういう手段で訴えてくるかは全く予想がつきません。
      特にこういう家電が壊れるような事は、実際よくあることのようで、霊障に遭われた方からよく相談される内容となります。
      しかし、こういう「修理にお金がかかる事例」は本当に困りものです。
      でも一番顕著に「霊障が無くなった事」がわかります。ハッキリわかるので私の事の信頼してくれるのかもしれません(^^)/

      霊の世界もそういう何か物理的なもので分かりやすいと信じてもらいやすいですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。