ドライブしただけなのに・・・

誰しもドライブくらいいくでしょう。楽しいはずのドライブに潜む「憑依」のお話しです。

こんにちは。白龍の部屋の伊勢有珠・白龍です。

世の中の悩める皆様のために対面鑑定と電話占いアーズを監修しております。

霊感体質の人にとってこの世を生きて行くことはとても大変な事でしょう。
ご自分の周りには浮遊霊やら地縛霊やら、土地の神様の粗相やらがひしめき、人混みの中ですれ違った人に憑いていた霊に気に入られ、そのままお持ち帰り状態。

家に帰ったらさっそく体調不良が始まるという無限ループ・・・

そんな中で何とかしてその無限ループから抜け出そうと、占いに頼ってみたり、神社やパワースポットに出かけてみたり、ご祈祷お祓いを受けてみたり・・・

たゆみない努力をしていらっしゃることでしょう。

このブログにたどり着いたあなたを救うべく、霊との正しい対処方法やパワーストーンの選び方などをお話ししていきたいと思います。

さて、今回は楽しいはずのドライブが一変して悪夢になってしまったと言うお話です。

私達の生活に車は切っても切り離せませんよね。

お買い物にご家族の送迎、お友達とのランチにご家族とのドライブ。

そんななかに潜んでいるのはそ地域に関わる「地縛霊や動物霊」という事になるでしょう。

以前のブログで路上で引かれた動物のお話しをしましたが、それとよく似たお話しになります。

あるご夫婦が長雨の後の天気のいい日にドライブに出かけた時の事、ご主人の運転でしたがその日はどういう訳か「なぜこんな道を通るの?」と奥様が疑問に思ったと言うほど変な道を選択してしまっていたといいます。

さほど決まったルートを考えていたのではないようですが、町道、村道、市道、私道というような舗装もされていないような道を選択したのでした。

その地域は近くに湖がある場所で、その湖畔のようなところ「この先私道」と書いてある道にどんどん入って行ったのです。

確かに道らしい感じでわだちもあるのでご主人はどんどん進んで行きます。

奥様は「何だか道が狭いから引き返しましょう」と言っても構わずというより何かに憑りつかれたようにどんどん進んでいってしまったと言います。

湖畔は堤防になっていて、道はありますがコンクリートの部分は狭く、タイヤは片方コンクリートから落として走らなければならない状態で、しかも雨の後でしたから水溜まりがあり、その深さもよくわからないのでとても恐ろしかったと奥様は話されました。

ようやくその場所を抜け、何とか県道に出られてホッとしたその時、ご主人が急に動悸と腹痛を訴えたと言います。

慌てて運転を代わり具合の悪くなったご主人をどうする事も出来ずにようやくご自宅にたどり着きましたがその後、ご主人は数日動悸と腹痛に悩まされ、薬を飲んでも改善しないので私の所にお見えになったのでした。

さて、このご主人に憑いていたのは・・・・

お二人が通ったその地域は、湖畔ではありましたがそこからすぐ山に入って行けるような場所でした。

そしてその地域は昔は野生動物を獲ったり湖で漁をして暮らしていたという歴史がある場所でした。

そこまでお話すればこのブログを読んでくださっている皆様はお分かりでしょう。

そう、動物霊に憑かれてしまったのでした。

ハッキリ動物霊とわかったので、憑いている霊を供養し浄化させました。

すると不思議なくらいご主人の動悸と腹痛(下痢)は治まったのでした。

なぜこんなところに来たのだろう、なぜかこちらに行きたくなった・・・

そんな時は霊に引き寄せられているのかも知れませんね。

/////////////////////////////////////////////////////

ご自分に合ったパワーストーンをお持ちになりたいとお考えの方は

伊勢有珠・白龍
https://www.hakuryu30214.com/  
のホームページのお問い合わせフォームにその旨をお書きいただき、送信して下さい。
数日内にお返事を差し上げます。
その後、ご予算など詳細をご相談させていただき、お探しいたします。
在庫を持たずその都度あなたにピッタリのパワーストーンをお探しするので少々お時間が掛かる事はご了承くださいませ。

/////////////////////////////////////////////////////

電話占いアーズ

https://hakuryu0214.com/

対面鑑定 伊勢有珠・白龍

https://www.hakuryu30214.com/

関連記事

  1. 私の守護霊(?)はスサノオです2/5

  2. 夜中の激しいラップ音

  3. 喚き散らす女性(憑依・前編)

  4. 階段を昇る足音

  5. 蛇柄もようの足

  6. 人間に備わった霊感というもの・・・

  7. 庭の手入れをしたら土地神様に怒られた

  8. 古墳時代の人々が助けを呼んでいる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。