下弦の壱 魘夢(えんむ)/鬼滅の刃(きめつのやいば)に登場する鬼の悲しい生い立ち/十二鬼月(じゅうにきづき)を考える

鬼滅の刃(きめつのやいば)が未だ人気ですが、物語を深堀して行くと、単に炭治郎側だけに注目するだけではもったいない!やはりここは元々人間であったと言う「鬼」の悲しい物語や鬼でありながら個性豊かな「鬼像(おにぞう)?」を探ってみるのも一興です。

今回は下弦の壱 魘夢(えんむ)です。

魘夢の初登場は、無惨が下弦の鬼を召集した時、無残は鬼殺隊により討伐された下弦の伍・累の事で激怒し、不甲斐ない下弦は解散だという事になり、殺される事に恐怖する鬼たちを無惨は自らの手で次々と殺してしまいます。下弦の中で最強に位置する下弦の壱・魘夢は全員の死を見送りますが最後まで残されます。 そしてとうとう自分が殺されると言う時、無惨に「最後に言い残すことは?」と聞かれた魘夢は「私は夢見心地で御座います。貴方様直々に手を下して戴けること。他の鬼たちの断末魔を聞けて楽しかった。幸せでした。」とまさに自分を殺そうとしている無惨に向かって、満足そうにお礼の言葉を言い放ったのです。 魘夢の深い忠誠心と残虐な本性を見込んだ無惨は、魘夢に自分の血を与え、魘夢は更なる強さを手に入れることになりました。

魘夢は一見穏やかな感じに見えますが、性格は醜悪で歪んだ美学の持ち主です。他人の不幸や苦しみはたとえ同族の鬼であっても、それを見るのが幸せと考えています。ほかの下弦が殺され苦しんでいる姿を見て恍惚な笑みを浮かべ、その醜悪さを無惨に見込まれます。そして、上記のように本来はほかの下弦と共に殺されるはずだった運命を逃れたのです。 無惨から力(血)を与えられた魘夢は、竈門炭治郎と鬼殺隊「柱」の抹殺を命じられます。人間を強制的に眠らせて、夢の世界に引き込む血鬼術を使って。「幸せな夢を見せてやる」と言いくるめた人間たちを利用し、無限列車に乗った炭治郎一行に立ちはだかります。

劇場版『鬼滅の刃』で、炭治郎達の前に立ちはだかる鬼が魘夢(えんむ)です。 魘夢は鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の配下である十二鬼月の1人で下弦の壱として活動しており、十二鬼月の中では7番目の実力者になります。 笑顔が多く物腰柔らかな印象を与えますが、性格は残虐そのもの。最初は幸せな夢を見せその後に悪夢を見せることで、絶望している表情を楽しむなど他人の苦痛を快楽としています。 またその中世的な顔立ちから性別についても議論が交わされていますが、公式での発表もなく未だ不明です。

魘夢は「眠り鬼」という別名が指すように「夢」に関する血鬼術を使います。魘夢の血鬼術は非常に強力で、柱でさえも簡単には抜け出せませんでしたし、心を壊されてしまっては何も出来ません。人には「精神の核」があり、その精神の核を破壊されてしまうと廃人になってしまいます。魘夢は敵に幸せな夢を見せて抜け出せなくなっているうちに、精神の核を破壊するという戦い方をします。 相手の強さに関わらず夢を見せて核を破壊すればどんな相手でも倒せるのが、魘夢の実力を裏付ける最大の理由です。

血鬼術・強制昏倒催眠の囁き(きょうせいこんとうさいみんのささやき)

「強制昏倒催眠の囁き」は魘夢の血鬼術の1つで、手にある口から眠りの暗示をかけることで聞いた人間を強制的に眠らせてしまう術です。 無限列車にて炭治郎はこの技にかかりますが、その都度に夢の中で自決するという荒技で覚醒し魘夢に立ち向かっていきました。しかし炭治郎でさえ、何回も術にかかるうちに現実と夢の区別がつかず、現実で自決しようとするという事態になってしまったこともあります。

血鬼術・強制昏倒睡眠・眼(きょうせいこんとうすいみん・まなこ)

「強制昏倒睡眠・眼」は魘夢の眼を見た人間を強制的に眠らせる血鬼術です。 この技は魘夢が無限列車と合体した後に発動されました。そのため列車中に眼が張り巡らされ、炭治郎は何度もこの血鬼術にかかっていますが、伊之助には猪の被り物のおかげで術が効きませんでした。

+゚ ゚。*⌒*。゚*⌒*゚。*⌒*。゚*⌒*゚。゚*⌒*゚。゚*+゚ ゚。*⌒*。゚*⌒*゚。*⌒*。゚*⌒*゚。゚*⌒*゚。゚*

伊勢有珠・白龍とは?

どこに行っても治らなかった痛みが「スッ」と抜けていく感じ・・・多くの人がそういう感想を述べられます。

痛みや病気が「霊障」によるものなのか、「病気など」によるものなのかが判断つかず、今までずっと悩んでいませんでしたか?

慢性的な腰痛に長年悩まされ仕事に影響が出ていたという人も、帰りには満面の笑みで帰られます。

ヨチヨチとしか歩けなかった人が、帰りにはスッスッ・・・と何事もなかったかのように自然に歩いて帰ります。

腕や足が痛かったはずなのに帰りには痛みが消えているとうれしそう。

難病と言われていた人が数回の施術で「影」が消えたと喜びます。

伊勢有珠・白龍の神技療法は多くの人が苦しんでいる「腰痛」「肩凝り」「ひざの痛み」その他慢性的な痛みを、

霊障を取りながら痛みの根本原因にアプローチし、身体本来の「治す力」を活性化させます

その療法はあなたの身体を健康な元の身体に戻すことに特化した「三種の神技(じんぎ)」。

身体の内部の休眠状態の細胞を呼び覚まし、新たな命を吹き込みます。

この神技は今までとは全く異なる手法ですので、痛みは全くありません。

そして「フッと」軽くなる感じを、是非体感してください。

また、合格祈願、開運、商売繁盛、健康長寿、病気平癒などお祓いやご祈祷が必要と感じた時、人生において不孝だと感じる事が多い時、また他の人からカルマ(業)があると言われたりチャクラが整っていないなど、分からない言葉を並べ立てられ、何をどうやって向き合って行ったらいいかを悩んだ時、時には霊が視えてしまったり体調不良に襲われてしまったり・・・
ただでさえ生きにくい現代社会です。それが霊感体質(霊媒体質)ならばなおさらでしょう。

ご自分の周りには浮遊霊やら地縛霊やら、土地の粗相やらがひしめき、人混みの中ですれ違った人に憑いていた霊に気に入られそのままお持ち帰り状態。

家に帰ったら何かがいる感じがしたり黒い影や白いものを見たりと落ち着かず、その影響でさっそく体調不良が始まるという無限ループ・・・

そんな中で何とかしてその無限ループから抜け出そうと、占いに頼ってみたり、神社やパワースポットに出かけてみたり、ご祈祷やお祓いを受けてみたり・・・

あなたはそうやってずっとたゆみない努力をしていらっしゃったのだと思います。

白龍では、このブログにたどり着いたあなたを救うべく、霊との正しい対処方法や本物のパワーストーンの選び方、神仏の謎やご自身がお持ちの「守護霊・守護神」などについてお話しをさせていただきあなたのお役に立ちたいと思っております。

遠隔霊視、ご供養や祭祀、遠隔神技療法(LINEのフェイスタイムやZOOM)も行っておりますが、出張にも対応しておりますのでお申しつけください。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

霊感体質の人の霊障除けとして、また合格祈願、商売繁盛、健康祈願、魔除けなどとしてパワーストーンをお持ちになりたいとお考えの方は

伊勢有珠・白龍 
のホームページのお問い合わせフォームにその旨をお書きいただき送信して下さい。折り返しご予算や石の種類、形状のご要望などの打ち合わせのためのご連絡をさせていただきます。

在庫を持たずその都度あなたにピッタリのパワーストーンをお探しするので少々お時間が掛かる事はご了承ください。

/////////////////////////////////////////////////////

対面鑑定 伊勢有珠・白龍

https://www.hakuryu0214.com/

関連記事

  1. 片方の足が氷のように冷たい

  2. 前世の因縁、今世での関り1/2

  3. 鬼滅の刃(きめつのやいば)の鬼の悲しい生い立ち・鬼舞辻無残(きぶつじむ…

  4. 周りの人が意地悪をする

  5. 命を狙われている!

  6. いきなり壊れる家電製品

  7. 神様がお疲れです

  8. 散らかる部屋

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。