鬼滅の刃(きめつのやいば)の元は暗闇に対する恐怖?

鬼滅の刃での鬼のモチーフは神話の中で言うと「得体のしれないモノ」「地の底の恐ろしいモノ」など恐ろしい魔物や化身などとして表現されている「モノ」ということになりそうです。

では、その「恐ろしいモノ」とは一体何が元になっているのでしょうか?

それは「伊邪那美の命(イザナミノミコト)」ではないかという所にたどり着きました。彼女の黄泉の国(よみのくに)での姿こそ「鬼」のモチーフということではないでしょうか?

日本の国造りをした伊邪那岐(イザナギ)と伊邪那美(イザナミ)という夫婦神は、天照大神(アマテラスオオミカミ)や須佐之男命(スサノオノミコト)などの神々を産みましたが、伊邪那美の命(イザナミノミコト)は最後に生んだ火の神「迦具土の命(カグツチノミコト)」により火傷を負い命を落としてしまいます。

夫である伊耶那岐命(イザナギノミコト)は愛する妻に一目会いたいと黄泉の国へ向かいます。妻に一緒に地上に行こうと言いますが、地上に出るまでの間決して後ろを振り向かないようにという妻の言いつけを破り、振り向いてしまうのでした。妻は約束を破った事を怒り、夫はその妻の腐敗した容姿に驚き、追いかけてくる妻に向かい大岩で道をふさぎ、命からがら逃げ伸びたのでした。その時妻は「こんなにひどい事をするのなら1日1000人の人間を殺す」と言い、伊邪那岐は「1日1500人の子供を産ませよう」と言い、こうして離縁となりました。

その後、伊邪那美の命は黄泉の国の神となった訳ですが、黄泉の国から追いかけてくる伊邪那美の命を「恐ろしいモノ」→「化け物」→「鬼」へと変化させて行ったと考えられているようです。

鬼舞辻無惨の元ネタはイザナミ?お館様はその対となるイザナギ?

日本の神話時代を記した最古の歴史書『古事記』には、日本列島を生み出したとされる、女神イザナミ(伊邪那美命)と男神イザナギ(伊邪那岐命)の夫婦神が登場します。鬼滅の刃では 日本の神話にモチーフを見出す人も多く、鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の元ネタはイザナミ、お館様こと産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)はその夫であるイザナギではないか、という説もあるようです。

では「古事記」に登場するイザナミ・イザナギ夫婦の神話から、鬼舞辻無惨と産屋敷耀哉2人のキャラクターの設定を考察してみましょう。

「古事記」の神話の中で、イザナミは火の神カグツチを生む時に火傷を負って死んでしまいます。イザナギは妻を亡くした事を嘆き、亡き妻を黄泉の国から連れもどそうとします。すでに黄泉の国のものを食べてしまっていたイザナミは、元の世界には戻ることはできませんが黄泉の国を出るまで決して後ろを振り返らないという約束を守れば黄泉の国から出る事が出来ると告げられ、イザナギは約束します。しかしどうしても妻の姿を見たくなりイザナギはついに振り返ってしまいます。

すると醜い姿のイザナミを見て驚いたイザナギは慌てて逃げ帰ってしまいます。 それに激怒したイザナミはイザナギを追いかけますが、イザナギは黄泉の国と現世の境界を岩で塞ぎ、閉じ込めてしまうのです。 岩の向こうから、“これから人間を毎日1000人殺してやる”と叫ぶイザナミ。それに対してイザナギは、“ならば毎日産屋を建てて1500の子どもを産ませよう”と返しました。 『鬼滅の刃』に登場する“産屋敷”耀哉(うぶやしきかがや)の名前は、このイザナギの言葉から取られていると考えられます。 そして鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)はイザナミが多くの神を生んだのと同様に、多くの「鬼」を生み出しました。異形の姿と化したイザナミは夜(ヨル)と闇(ヤミ)を表す「黄泉(ヨミ)の国」の住人であり、夜しか活動ができない「鬼滅」の「鬼」と重なる点も、注目すべきところでしょう。 また鬼舞辻と産屋敷との長年の闘争は、イザナミとイザナギ2人の対立を表しているようにさえ思われるのです。

現代社会は夜も明るく光が全くない状態での生活は考えられません。そういう意味ににおいて「闇」はとても少なくなったように感じますが、本当の意味での「漆黒の闇」は存在し、今もなお私達人間の原始脳に深く刻まれているのだと思います。

闇に対する本能的な恐怖、「怖い」という感情こそ我々人間がここまで生き延びてこられた優れた才能なのだと思うのです。

+゚ ゚。*⌒*。゚*⌒*゚。*⌒*。゚*⌒*゚。゚*⌒*゚。゚*+゚ ゚。*⌒*。゚*⌒*゚。*⌒*。゚*⌒*゚。゚*⌒*゚。゚*

伊勢有珠・白龍とは?

どこに行っても治らなかった痛みが「スッ」と抜けていく感じ・・・多くの人がそういう感想を述べられます。

痛みや病気が「霊障」によるものなのか、「病気など」によるものなのかが判断つかず、今までずっと悩んでいませんでしたか?

慢性的な腰痛に長年悩まされ仕事に影響が出ていたという人も、帰りには満面の笑みで帰られます。

ヨチヨチとしか歩けなかった人が、帰りにはスッスッ・・・と何事もなかったかのように自然に歩いて帰ります。

腕や足が痛かったはずなのに帰りには痛みが消えているとうれしそう。

難病と言われていた人が数回の施術で「影」が消えたと喜びます。

伊勢有珠・白龍の神技療法は多くの人が苦しんでいる「腰痛」「肩凝り」「ひざの痛み」その他慢性的な痛みを、霊障を取りながら痛みの根本原因にアプローチし、身体本来の「治す力」を活性化させます

その療法はあなたの身体を健康な元の身体に戻すことに特化した「三種の神技(じんぎ)」。

身体の内部の休眠状態の細胞を呼び覚まし、新たな命を吹き込みます。

この神技は今までとは全く異なる手法ですので、痛みは全くありません。

そして「フッと」軽くなる感じを、是非体感してください。

また、合格祈願、開運、商売繁盛、健康長寿、病気平癒などお祓いやご祈祷が必要と感じた時、人生において不孝だと感じる事が多い時、また他の人からカルマ(業)があると言われたりチャクラが整っていないなど、分からない言葉を並べ立てられ、何をどうやって向き合って行ったらいいかを悩んだ時、時には霊が視えてしまったり体調不良に襲われてしまったり・・・
ただでさえ生きにくい現代社会です。それが霊感体質(霊媒体質)ならばなおさらでしょう。

ご自分の周りには浮遊霊やら地縛霊やら、土地の粗相やらがひしめき、人混みの中ですれ違った人に憑いていた霊に気に入られそのままお持ち帰り状態。

家に帰ったら何かがいる感じがしたり黒い影や白いものを見たりと落ち着かず、その影響でさっそく体調不良が始まるという無限ループ・・・

そんな中で何とかしてその無限ループから抜け出そうと、占いに頼ってみたり、神社やパワースポットに出かけてみたり、ご祈祷やお祓いを受けてみたり・・・

あなたはそうやってずっとたゆみない努力をしていらっしゃったのだと思います。

白龍では、このブログにたどり着いたあなたを救うべく、霊との正しい対処方法や本物のパワーストーンの選び方、神仏の謎やご自身がお持ちの「守護霊・守護神」などについてお話しをさせていただきあなたのお役に立ちたいと思っております。

遠隔霊視、ご供養や祭祀、遠隔神技療法(LINEのフェイスタイムやZOOM)、お電話での相談も承っておりますが、遠方の方でなくても、外出が困難な人のために出張での祭祀や施術にも対応しておりますのでお申しつけください。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

霊感体質の人の霊障除けとして、また合格祈願、商売繁盛、健康祈願、魔除けなどとしてパワーストーンをお持ちになりたいとお考えの方は

伊勢有珠・白龍 
のホームページのお問い合わせフォームにその旨をお書きいただき送信して下さい。折り返しご予算や石の種類、形状のご要望などの打ち合わせのためのご連絡をさせていただきます。

在庫を持たずその都度あなたにピッタリのパワーストーンをお探しするので少々お時間が掛かる事はご了承ください。

/////////////////////////////////////////////////////

対面鑑定・心と体のサロン   伊勢有珠・白龍

関連記事

  1. 鬼滅の刃(きめつのやいば)の 時透無一郎(ときとうむいちろう)を占って…

  2. 試験や合格祈願にご利益のある、まだ知られていない神社

  3. 如意輪観音様が好きなんです

  4. 私の守護霊(?)はスサノオです1/5

  5. 鬼滅の刃(きめつのやいば)の煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)を占っ…

  6. 上弦の参 猗窩座(あかざ)/鬼滅の刃(きめつのやいば)に登場する鬼の悲…

  7. 古墳時代の人々が助けを呼んでいる/浄化の祭祀

  8. 鬼滅の刃(きめつのやいば)の中の鬼と炭治郎(たんじろう)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。