鬼滅の刃に学ぶ~静岡県袋井市で伊勢有珠・白龍お勧めのスピリチュアルパワースポット選

~神社仏閣に偏らないパワースポットのご紹介~

<静岡県磐田市の魅力>

法多山尊永寺(はったさんそんえいじ:はったさん)

静岡県袋井市豊沢2777

法多山尊永寺(はったさん そんえいじ)は、静岡県袋井市にある高野山真言宗別格本山の寺院です。寺号の「尊永寺」よりも山号の「法多山」の名で広く知られているとともに遠州三山の1つです。

本尊は聖観音(正観世音菩薩、厄除観世音)

厄除け観音として知られ、厄除だんごが名物となっています。

医王山油山寺(いおうざんゆさんじ:あぶらやま)

静岡県袋井市村松1

油山寺
るりの滝
るりの滝途中の不動明王
不動明王
るりの滝入り口の東屋の天井の龍の絵

油山寺(ゆさんじ)は、静岡県袋井市村松にある真言宗智山派の寺院です。法多山と並び遠州三山の1つで山号は医王山。詳しくは医王山薬王院油山寺と称し、本尊は薬師如来。

眼病に霊験あらたかとされているこの油山寺は、天平勝宝元年(749)、孝謙天皇が御眼の病気を患った折、当山の本尊である薬師如来に眼病平癒を祈願し、境内を流れる「るりの滝」に加持祈祷を行い、この霊水で御眼を洗ったところ、病気が全快したといいます。このことから、当山は孝謙天皇より勅許をいただき、勅願寺となりました。

その後、歴代の天皇をはじめ諸大名からも尊信を厚く受け、境内には眼病平癒のお礼として寄進された建築物の数々が残っています。

現在も眼を守護する仏様、または心の病を癒し心眼を開く「心身安楽」の仏様をおまつりするお寺として、人々から深く信仰を集めています。

るりの滝には不動明王が祀られ、滝壺への降口にある東屋の天井には迫力のある龍が描かれています。

萬松山可睡斎(ばんしょうざんかすいさい:かすいさい)

静岡県袋井市久能2915-1

可睡斎(かすいさい)は、静岡県袋井市久能にある曹洞宗の仏教寺院。山号は萬松山(ばんしょうざん)、本尊は聖観音(しょうかんのん)。江戸時代には「東海大僧録」として三河国、遠江国、駿河国、伊豆国の曹洞宗寺院を支配下に収め、関三刹と同等の権威を持っていたといいます。遠州三山の一つ。

10年ほど前からひな人形の供養を始め、現在では1,200体ものおひなさまが壇上に並べられ、圧巻です。

上記の3ヶ所、法多山・油山寺・可睡斎は「遠州三山」と呼ばれています。

ふくろい遠州の花火(正式名称:全国花火名人選抜競技大会ふくろい遠州の花火)

会場・場所    原野谷川親水公園

住所:静岡県袋井市愛野3164-1

ふくろい遠州の花火(ふくろいえんしゅうのはなび)は静岡県袋井市で行われる花火大会であり。同市内の原野谷川親水公園をメイン会場とし、毎年8月の中旬に行われており、2020年から7月に前倒しする予定でしたが、コロナ感染のため中止となっていました。再開は2023年7月からとなる予定です。

袋井の花火の歴史は昭和20年代から「静橋」の河川敷内で開催されていた花火大会を1995年から原野谷川親水公園に移して改めて開催したことに始まります。打ち上げ数は約3万発で、静岡県内最大かつ全国有数の規模です。しかし2009年は、経済不況のあおりを受け、協賛企業が例年の4割程度しか集まらず、財政的にも開催が難しいとの判断から単年の開催中止が決定。

2008年までは30,000発打ち上げられていましたが中止後の2010年は20,000発強、そして2011年より25,000発となっていました。

そして2019年12月ころから新型コロナウイルス感染症が拡大したことを受け2020年の開催中止を決定し、そして翌2021年も新型コロナが収束せず開催中止。2022年も新型コロナ対策が困難という理由により中止となりました。

しかし4年後の本年2023年の開催は決定しており、

名称:全国花火名人選抜競技大会ふくろい遠州の花火2023

日時:令和5年7月29日(土)

   19:30~21:00(荒天翌日開催)

となっています。

さあ!出かけましょう!

パワースポットは、人々に心身のリフレッシュや新たなエネルギーをもたらしてくれる場所です。その独自の魅力や効果を伝えることで、訪れる人々に新たな体験や成長の機会を提供することができます。

さあ、あなたも旅立ちの準備を整え、パワースポットの扉を開いてみましょう。その場所で心地よい風景や神秘的なエネルギーに包まれながら、自己探求や内なる平和を見つけることができるでしょう。

旅の途中で出会う人々や自然との触れ合い、新たな発見や気づきもあるかもしれません。そのパワースポットを訪れることによって、人生に新たなエネルギーと希望をもたらしてくれるでしょう。

心の準備を整え、パワースポットへの訪問を楽しんでください。

良い旅を!

関連記事

  1. 鬼滅の刃(きめつのやいば)この物語の構想の素の元

  2. 鬼滅の刃から学ぶスピリチュアル~お盆は神道と仏教の融合?~いつからお盆…

  3. 鬼滅の刃から学ぶスピリチュアル~守護神をお祀りし、運気を好転させたい~…

  4. 鬼滅の刃から学ぶスピリチュアル~新年にお迎えする氏神様のルーツとは?氏…

  5. 私の守護霊(?)はスサノオです5/5

  6. 鬼滅の刃から学ぶスピリチュアル~神社仏閣での正しい合格祈願や就職祈願

  7. 船に乗って来たお稲荷様(前編)

  8. お稲荷さんの祟り

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。