如意輪観音様が好きなんです

いつも決まった仏様の所に足が向いてしまうという彼女。

こんにちは。白龍の部屋の伊勢有珠・白龍です。
皆様のお悩みを少しでも多く解決してさし上げたいという思いから
対面鑑定電話占いアーズを監修しております。

霊感体質の人にとってこの世を生きて行くことはとても大変な事でしょう。

ご自分の周りには浮遊霊やら地縛霊やら、土地の粗相やらがひしめき、人混みの中ですれ違った人に憑いていた霊に気に入られ、そのままお持ち帰り状態。

家に帰ったらさっそく体調不良が始まるという無限ループ・・・

そんな中で何とかしてその無限ループから抜け出そうと、占いに頼ってみたり、神社やパワースポットに出かけてみたり、ご祈祷お祓いを受けてみたり・・・

たゆみない努力をしていらっしゃることでしょう。

このブログにたどり着いたあなたを救うべく、霊との正しい対処方法や本物のパワーストーンの選び方、神仏の謎などについてお話ししていきたいと思います。

また、必要とあらば日本中どこにでも出張いたしますのでお申しつけくださいませ。

♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪

さて、観音様の中でも際立って珍しいお名前の「如意輪観音」さま。

彼女はどうしてこんなにも惹かれてしまっているのか・・・?

そう、それは明らかに彼女の「守護神」であるからでした。

対面した時、ハッキリとその観音様はお立ちになり「我、この者を守護する者なり」と仰せになられました。

それを私が鑑定する前からご自分が感じ取っていたので、お寺参りの時も如意輪観音様がいらっしゃるお寺ばかりを選んでいましたし、他の観音様にはあまり気持ちが惹かれなかったとのお話しでした。

・・・そういう事もあるのですね・・・私もすごく感動しました。

しかし、なぜここまで彼女を導いているのかの解き明かしをしなければうかつに勧請出来ないと私は考えました。

彼女がこの世に生まれて来た使命があるならばそれを明らかにしないといけませんし、彼女にその後の心構えがあるかも心配なところです。

彼女に観音様をお迎えする覚悟がまだないとの事で勧請はしばらく延期となっていますが、守護神様からお声が掛かっているのでなるべく早い時期に勧請する方が良いとお伝えし、彼女に気持ちが固まるのを待っています。

/////////////////////////////////////////////////////

ご自分に合ったパワーストーンをお持ちになりたいとお考えの方は
https://www.hakuryu30214.com/  
のホームページのお問い合わせフォームにその旨をお書きいただき、送信して下さい。

在庫を持たずその都度あなたにピッタリのパワーストーンをお探しするので少々お時間が掛かる事はご了承くださいませ。

/////////////////////////////////////////////////////

電話占いアーズ

https://hakuryu0214.com/

対面鑑定 伊勢有珠・白龍

https://www.hakuryu30214.com/

関連記事

  1. 水晶の威力

  2. 霊障のないアパートを借りたい

  3. カーテン越しにオレンジの光!

  4. 他の霊能者に言われたことは本当ですか?

  5. 人間に備わった霊感というもの・・・

  6. 埃だらけの仏像

  7. 古墳時代の人々が助けを呼んでいる

  8. 私の守護霊(?)はスサノオです5/5

コメント

    • 2020年 11月 18日

    初めてコメントさせていただきます。

    今回はご自分の守護神様に知らず知らずのうちに導かれていたお話ですが、こんなことがあるのですね。

    白龍様は勧請するにあたり覚悟が必要と書かれていましたが、守護神様がどなたかわかっていて、更にお迎えすることはそんなに大変なことなのでしょうか? (スミマセン、初歩的な質問です)
    守護神様がついているなんて、いつでもどんな時でも守ってもらえてこんなに有り難いことはないと思うのですが(^^;

    • はじめまして。白龍です。
      コメントをありがとうございました。
      確かに守護神様がすでにいらっしゃるという事は私達からすればとてもありがたい事です。
      しかし、やはり躊躇なさる気持ちもわからなくはありません。
      その辺り、相手の気持ちを推し量り、ゆっくりと時間を掛けて行きたいと思っています。

    • 2020年 11月 19日

    白龍様

    初めてのコメントにお返事下さり、ありがとうございます。

    スピリチュアル系のサイトで、貴方の守護神は〇〇神です、とか、〇〇菩薩、、等書かれているのを見たり、干支から守護神がわかるというのを目にすることがあったので、守護神という存在に対し、誕生日による星座みたいな感じで気軽?に考えていました。

    こちらのblogで守護神がスサノオ様という方のお話があったことを思いだしました。なるほど、軽々しく勧請するものではないのですね。

    もし私に同様のことが起きたらどうするだろう? 今までだったら、Lucky!(不謹慎)と思ったかも知れませんが、確かにちょっと考えてしまいます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。