鬼滅の刃(きめつのやいば)から宇髄天元(うずいてんげん)を占ってみました

人気の鬼滅の刃(きめつのやいば)は登場人物もそれぞれ個性的で人気があります。今回は宇髄天元(うずいてんげん)を占てみたいと思います。

こんにちは。白龍の部屋の伊勢有珠・白龍です。

伊勢有珠・白龍では30年の実績がある対面鑑定と、電話占いアーズを監修しておりますが本日は誕生日占いと星座占いから「宇髄天元」にスポットを当ててみました。

宇髄天元(うずいてんげん)

🎂   10月31日
星座   さそり座

現実主義で自分の意見は簡単には曲げません。

感情が激しい反面楽観的なところもあります。しかし自分の思い通りの行動をします。

内面的には強さを持っていますが、それはこの日の生まれの人は相手に自分の考えをうまく伝える事が出来る優れた戦略家であるためです。

堅固な基礎を持っているので他の人から見たら貴重な人物に写っています。

特に高い理想や素晴らしいアイディアに触発された場合、献身的に人を助けようとする傾向が見られます。

誠実で自分の感情に正直に生きているので、もし信じていた人から裏切りを受けたりした時は暖かい心が石のように冷たくなってしまいます。

一度目標を定めるとそれを達成しようと一途に頑張る人であり、人生を真剣に規律正しく生きて行こうとします。

物質的な事に関する第六感が冴え、鋭い価値判断を発揮するでしょう。

直観力が鋭いので、人の潜在能力にいち早く気付いてその人の能力を引き出すことが出来るでしょう。人に頼りすぎない独立した人物です。

+゚ ゚。*⌒*。゚*⌒*゚。*⌒*。゚*⌒*゚。゚*⌒*゚。゚*+゚ ゚。*⌒*。゚*⌒*

伊勢有珠・白龍とは?

合格祈願、開運、商売繁盛、健康長寿、病気平癒などお祓いやご祈祷が必要と感じた時、人生において不孝だと感じる事が多い時、また他の人からカルマ(業)があると言われどうやって向き合って行ったらいいかを悩んだ時、時には霊が視えてしまったり体調不良に襲われてしまったり・・・
ただでさえ生きにくい現代社会です。それが霊感体質(霊媒体質)ならばなおさらでしょう。

ご自分の周りには浮遊霊やら地縛霊やら、土地の粗相やらがひしめき、人混みの中ですれ違った人に憑いていた霊に気に入られそのままお持ち帰り状態。

家に帰ったら何かがいる感じがしたり黒い影や白いものを見たりと落ち着かず、その影響でさっそく体調不良が始まるという無限ループ・・・

そんな中で何とかしてその無限ループから抜け出そうと、占いに頼ってみたり、神社やパワースポットに出かけてみたり、ご祈祷お祓いを受けてみたり・・・

あなたはそうやってたゆみない努力をしていらっしゃることでしょう。

このブログにたどり着いたあなたを救うべく、霊との正しい対処方法や本物のパワーストーンの選び方、神仏の謎などについてお話しをさせていただきあなたのお役に立ちたいと思っております。

また、必要とあらば日本中どこにでも出張いたしますのでお申しつけください。

/////////////////////////////////////////////////////

霊感体質の人の霊障除けとして、また合格祈願、商売繁盛、健康祈願、魔除けなどとしてパワーストーンをお持ちになりたいとお考えの方は

伊勢有珠・白龍 
のホームページのお問い合わせフォームにその旨をお書きいただき送信して下さい。折り返しご予算や石の種類、形状のご要望などの打ち合わせのためのご連絡をさせていただきます。

在庫を持たずその都度あなたにピッタリのパワーストーンをお探しするので少々お時間が掛かる事はご了承ください。

/////////////////////////////////////////////////////

電話占いアーズ

https://hakuryu0214.com/

対面鑑定 伊勢有珠・白龍

https://www.hakuryu30214.com/

関連記事

  1. 鬼滅の刃(きめつのやいば)は今を生きる私たちの人生そのもの。たくさんの…

  2. 鬼滅の刃(きめつのやいば)の富岡義勇(とみおかぎゆう)を占ってみました…

  3. 鬼滅の刃(きめつのやいば)の不死川玄弥(しなずがわげんや)を占ってみま…

  4. 鬼滅の刃(きめつのやいば)の 悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)を占って…

  5. 階段を昇る足音

  6. 上弦の弐 童磨(どうま)/鬼滅の刃(きめつのやいば)に登場する鬼の悲し…

  7. 下弦の弐・轆轤(ろくろ)、参・病葉(わくらば)、肆・零余子(むかご)、…

  8. 上弦の肆  半天狗(はんてんぐ)/鬼滅の刃(きめつのやいば)に登場する…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。