家族の幸せのために神仏をお祀りしていたのに・・・

良かれと思って神様を祀ったり、霊能者の所でお札をいただいて祀ったり、仏像を購入したり・・・

こんにちは。白龍の部屋の伊勢有珠・白龍です。
皆様のお悩みを少しでも多く解決してさし上げたいという思いから
対面鑑定電話占いアーズを監修しております。

霊感体質の人にとってこの世を生きて行くことはとても大変な事でしょう。

ご自分の周りには浮遊霊やら地縛霊やら、土地の粗相やらがひしめき、人混みの中ですれ違った人に憑いていた霊に気に入られ、そのままお持ち帰り状態。

家に帰ったらさっそく体調不良が始まるという無限ループ・・・

そんな中で何とかしてその無限ループから抜け出そうと、占いに頼ってみたり、神社やパワースポットに出かけてみたり、ご祈祷お祓いを受けてみたり・・・

たゆみない努力をしていらっしゃることでしょう。

このブログにたどり着いたあなたを救うべく、霊との正しい対処方法や本物のパワーストーンの選び方、神仏の謎などについてお話ししていきたいと思います。

また、必要とあらば日本中どこにでも出張いたしますのでお申しつけくださいませ。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

年末になると各家庭に自治会から「お札注文」が回覧板で回ってきます。それを見て皆さんは町の氏神様のお札や恵比寿大黒様、秋葉神社のお札の注文をするようです。(私の地域では・・・)

お住いの地方によってはそれぞれの地元の神様をお迎えするのでしょうね。各地域にはそれぞれお力のある神仏がいらっしゃいますし、信仰も様々でしょう。

天照大神様、大国主命様、お稲荷様、金毘羅様など地域が違うとそれぞれの風習も違うようです。

しかし、それぞれ各家庭でしっかりとお祀りしているはずの神様ですが、お祀りだけして「心を込めたお祀り」をしていない事も多いようです。

ご相談者のご家族は神仏に対してあまり関心がなく神棚のお社のお世話も、ご先祖のご仏壇のお世話、お墓参りも奥様お一人がずっとなさっていたそうです。

奥様は「家族がみんな幸せでありますように・・・」との願いを込めて日々ご奉仕し、手を合わせていたそうです。

ところが、ある日結婚して居を他県に構えていた息子夫婦が訪れ、「家の仏壇と神棚は役に立たないから撤去する」

と、いきなり宣告されたと言います。

納得のいかない奥様は息子さんに詳しく話を聞きますと、

「〇〇宗教が本物だからそちらを拝んだ方がいい」との事でした。

急な話なので「ここは本家だから親戚の人やお父さんに聞かないとすぐには返事が出来ない」となんとか保留してもらい、親族での話し合いが持たれました。

親族間では当然の事ながら「別の宗教に代わる事は許さない」と結論。

それを息子さんに伝えたら息子さんは「今までの仏壇や神棚は何の役にも立たない。自分は生家のためを思って言っているんだし、親戚の人達はこの家から出て行った人達だからこれからは関係がないのだから口出ししないで欲しい。みんなも一度〇〇宗教の教えを聞きに行ってみたら、今まで自分たちがやって来た宗教が間違っている事が分かるはずだ」とみんなの意見を聞こうともしませんし返ってその宗教に入信を進める始末。私はどうしたらいいのかわからなくなってしまった、と嘆く奥様。ご主人は変わってしまった息子さんとの絶縁も考えるくらい深刻に考え込んでしまったとの事でした。

親戚一同にとって本家というものは特別で、自分たちのルーツみたいなものです。その元となる宗教を変えろとは親戚の方々にとっても青天の霹靂だったことでしょう。

私の鑑定結果の全てをここでは詳しく書けませんが、「息子さんはお嫁さんの家の入婿に入り自分が良いと思う宗教を自分だけでやるように。実家は今まで通りの宗教を続ける」と一部結論付けました。

お父様もその方向でよいという事でしたので、息子さんに伝えたところ何日も話し合ってようやく息子さんはお父様や親戚の決意を受け入れました。

その息子さんは長男だったため、いずれ生家に入るつもりだったようですが、お嫁さんの姓になったことで何か吹っ切れたのか弟に生家を継がせるというお父様の意見も受け入れました。

幸い、お嫁さんは一人娘さんだったためお嫁さんのご実家では予期せぬ結果に微妙ですが喜んでいたと聞いています。

実は息子さんが入信した宗教はお嫁さんのご実家が入信している宗教でした。何度か集会に行き話を聞いているうちに次第に気持ちがその宗教に傾倒してしまったのでしょう。

お父様としては辛い決断となりました。まさか生家の宗教、それも一般的なものですし、代々受け継がれてきていたご仏壇でそのお家からお嫁に行ったり分家したりして一族が脈々と生き、守って来たものでしたから。

ただ、一つ救いは他の宗教に走ってしまった息子さんですが、ご実家には行事があるときやお盆、お正月などお孫さんを連れて帰省して下さるそうで、人間関係までが崩壊しなかったのは不幸中の幸いです。

/////////////////////////////////////////////////////

ご自分に合ったパワーストーンをお持ちになりたいとお考えの方は
https://www.hakuryu30214.com/  
のホームページのお問い合わせフォームにその旨をお書きいただき、送信して下さい。

在庫を持たずその都度あなたにピッタリのパワーストーンをお探しするので少々お時間が掛かる事はご了承くださいませ。

/////////////////////////////////////////////////////

電話占いアーズ

https://hakuryu0214.com/

対面鑑定 伊勢有珠・白龍

https://www.hakuryu30214.com/

関連記事

  1. 鬼滅の刃(きめつのやいば)の不死川玄弥(しなずがわげんや)を占ってみま…

  2. 私の守護霊(?)はスサノオです4/5

  3. 霊と悪霊

  4. 日本の神様、海外の神様

  5. 私の守護霊(?)はスサノオです5/5

  6. 鬼滅の刃(きめつのやいば)の竈門禰豆子(かまどねずこ)を占ってみました…

  7. 腰が痛む(前編)

  8. 下弦の壱 魘夢(えんむ)/鬼滅の刃(きめつのやいば)に登場する鬼の悲し…

コメント

    • ミント
    • 2020年 11月 25日

    私の住んでいる地域にも熱心な信者さん達がいます。

    みなさん自分の宗教こそ本物だと思って戸別訪問しているので、断るのも何だか罪悪感を感じてしまいます。
    悪いことしてるわけではないのにです(笑)

    自分や家族の幸せのためにしていることが真逆のことになってしまったら本末転倒だと思います。思い出しましたが世界平和のためというのもありました!

    誰かの幸せを願うものなら私は宗教でなくてもいいかな。お家の神棚に手を合わせよう。

    • こんにちは。
      いろいろな宗教や教え、セミナーなどがある中で、どれが正しいとか善悪をいうつもりは無く、個々が信じているものにすがって、それでご自分の気持ちが救われるのなら個々でその教えを守るのもいいでしょうが、それを他人に押し付けるのは考え物ですね。
      そういう行動は、今SNSで話題になっている「善意の・・・」と同じことでしょう。良かれと思って勧めた、でも結果は・・・
      お奨めを話してみるのはいい事ですが、無理強いしてはいけないですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。